このエントリーをはてなブックマークに追加  

パニック障害に悩まされたことがある芸能人について

芸能人

パニック障害は誰にでも起こりうる病気なので、私たち一般人だけではなく、芸能人などの有名人にも多くの経験者がいます。

 

芸能人などは人前で歌ったり、芝居をしたりするなど、常に多くの人々の注目に晒されているだけに、一般人よりも大きなストレスを感じ、パニック障害になりやすいともいえます。

 

そして、一般人と同じように悩み苦しんで、一時、活動を休止するなどして治療に専念し、ようやく克服して、見事、表舞台に復帰したケースも少なくありません。その後、実はパニック障害だったということを告白して、話題となったこともありました。

 

現在、わかっているだけでも長嶋一茂、川上麻衣子、円広志、大場久美子、堂本剛、高木美保、中川家剛、田中美里、堺正章の元妻の岡田美里、アン・ルイス、島田洋七、比企理恵、さらに海外では、ニコラス・ケイジやマイケル・ジャクソンなどもパニック障害に悩まされ、克服してきました。

 

長嶋一茂の場合

現在はスポーツキャスターとして活躍している長嶋一茂は、あのミスタージャイアンツ・長嶋茂雄の長男で、元プロ野球選手です。そのため、非常に注目度が高く、精神的にもかなりのプレッシャーがあったことは想像に難くありません。

 

プロ入りから2年目ころ、ちょうど30歳ぐらいから悪夢にうなされるようになり、パニック発作に襲われるようになったそうです。

 

当初、病院では「自律神経失調症」と診断されましたが、なかなか改善されない苦痛から自殺まで考えたそうです。

 

しかし、ある病院でようやく「パニック障害」だと正しく診断されてから治療に専念し、今では完全に病気を克服しています。

 

彼は、パニック障害になった自分を責めず、上手にストレスを解消していくことが大切だと語っています。

 

堂本剛の場合

また、キンキキッズの堂本剛は、2003年のコンサート中に倒れ、自身のホームページでパニック障害であることを公表しました。

 

芸能人は、テレビ番組やコンサートで物理的にも精神的にも束縛された状況になることから、それが徐々に恐怖になっていったのでしょう。

 

いまだ完治には至っていないようですが、彼がパニック障害であることを周りのスタッフや関係者らも理解し、彼の体調などに配慮しながら仕事を続けているそうです。

 

大場久美子の場合

大場久美子は、母親が他界したことが遠因となってパニック障害が発症したそうです。

 

同時にうつ病を併発したり、自傷行為を行なったり、周囲に迷惑をかけてしまう自分を責めるなどして、実に8年にわたってつらい闘病生活を送りましたが、今ではすっかり元気になっています。

 

 

 

こうした芸能人たちが、本来なら隠したいと思うことをあえて公表したのは、同じ病気で苦しんでいる人たちに対する、「いつかは必ず治るから諦めないで!」という励ましのメッセージなのです。

 

実際、彼らは病気を克服し、元気な姿を私たちの前に見せてくれています。次は自分の番だと信じて、決して諦めずに根気強く治療に取り組みましょう。